デフスポとは?

  1. HOME >
  2. デフスポとは?
デフスポって何?


デフスポは デフ【deaf】=耳が聞こえない + スポ(スポーツの略)の意味です。


活動目的


この活動は、ろう児とその兄弟・姉妹、コーダ(ろう者の親をもつ聞こえない者)の子どもたちに、デフアスリートとスポーツ体験を通して希望を与えることを目的としています。
                  でデフスポ ヨガ
                      デフスポくん



代表の挨拶 

デフスポフェスティバルホームページへお越しいただき、ありがとうございます。

少し私の昔話にお付き合いくださいませ。
私は8歳の頃、ボールを蹴り追いかける楽しさを知りました。
そして小学校の卒業文集に夢を綴りました。
「サッカーの日本代表になりたい。」

中学生になり「サッカー部に入部したい」と志望しましたが、「補聴器にボールが当たったら危ない」「女の子だから危ない」という理由で入部を断られてしまいました。
「聴こえない人はサッカーをしたらいけないんだ、女の子だから日本代表にもなれないんだ」と、夢が破れ、とても悔しい想いをしたのを覚えています。

18歳の頃、はじめてろう学校(耳の聴こえない学校)へ通いました。
そして、ろう者サッカー(耳の聴こえないサッカー)もあり、デフリンピック(ろう者のオリンピック)を知りました。
「日本代表になれるんだ!」と再び夢をもつことができ、ワクワクしました。

2011年11月
夢だった「デフフットサル日本代表」に選出され、スウェーデンで開催された世界大会に出場しました。

日本代表の経験を通して、バスケットボール・ラグビー・自転車・テニス・バドミントンなど、その他のデフスポーツの存在を知りました。
そして、そこにも日の丸を背負う仲間がいることも…。
「子どもの頃にデフアスリートと触れ合いながらスポーツをたくさん体験できる場があればもっと知ることができたのではないか」と…この時、感じました。

それが「デフスポ」の起点です。

~子どもたちにいろいろなスポーツを身近に体験してもらいたい~

2016年 1月  ろう学生を中心とした実行委員会が結成されました。
2016年 8月  「第1回デフスポフェスティバル2016」開催
          10スポーツ団体、延べ150名
2017年 1月  「第2回デフスポフェスティバル2017」 実行委員会結成
2017年 8月  「第2回デフスポフェスティバル2017」 開催
          12スポーツ団体、延べ250名
2017年11月  「第3回デフスポフェスティバル2018」 実行委員会結成
2018年 4月  「デフスポ2019を豊中で!」をテーマに
          とよなか夢基金(助成金)交付決定
2018年 8月  「第2回デフスポフェスティバル2017」 開催
11スポーツ団体、延べ300名
2019年 4月  「第4回デフスポフェスティバル2018」 実行委員会結成

2019年11月2日(土)開催に向け、
ろう学生実行委員を中心に準備を進めております。~

最後にデフスポフェスティバル開催にあたって、当団体の趣旨にご賛同下さりご支援ご尽力を賜りました関係者の皆様に深く感謝の意を表しますとともに、デフスポフェスティバルを通じて、たくさんの子どもたちがいきいきとと育ち、夢や希望に満ち溢れる場となることを祈念いたしまして私の挨拶といたします。

デフスポフェスティバル実行委員会代表 髙橋縁



副代表の挨拶   

遅い梅雨明けから本格的な夏を迎えつつある季節となりました。

さて、恒例のデフスポ開催につきまして、今年は諸般の事情により秋季開催となりました!!
そして、デフスポのスタッフメンバーが新しく変わり、開催に向けて新しいアイデアなど含め、準備に奔放しております。
今回は1日のみ開催となりますが、いろいろなスポーツを楽しみながら体験する子供たちを見ている親たちも一生の思い出に残るように、デフスポメンバーのろう学生実行委員たちとデフアスリートの力を合わせていきます。

デフスポ一同は、子供たちの笑顔を見れる事をとても楽しみにしています。



デフスポフェスティバル実行委員会副代表 梶野耕佑